虫歯でも痛くないことがあるんですか?

 初期の虫歯と神経が死んだ歯は痛みがほとんどありません。

 虫歯は痛いもの。そう思っている人は多いと思いますが、必ずしもそうではありません。

 多くの虫歯はエナメル質から始まり、次に象牙質に進んで、歯髄に及びます。虫歯が象牙質に達すると、冷たいものなどを食べたときにしみるようになりますが、それより前の虫歯、つまり、エナメル質までの早期の虫歯では痛みがないことがほとんどです。

 もう一つ、痛みを感じない虫歯があります。それはかなり進行した重度の虫歯です。

 痛みを痛み止めなどでごまかして我慢しておくと、やがて薬を飲まなくても痛くなくなります。これは虫歯が治ったわけでも、痛みに慣れてきたわけでもありません。虫歯によって歯の神経が死んでしまったため、痛みが起こらなくなったでけなのです。

 こうなると、治療もむずかしくなり、時間もかかります。ですから、痛みが出る前に歯科医院に行って、歯の健康をチェックすることが大切です。

前の記事

今年も終わりに…