新しい入れ歯で食べると痛い

Q.新しい入れ歯ができて歯医者さんではいい具合だったのに、実際食事をしてみたら痛くて食べれない。

A.新しい入れ歯は、実際にお使いいただきながら不具合を見つけて、何度も調整を繰り返して完成させていく必要があります。

 

それは、精密にお口の型をとって製作しても、実際に食事をするときのお口の筋肉の動きに合うかどうかは、製作中に確認することができないからです。

そこで入れ歯が出来上がったら少しずつ使って慣れていただきながら、噛む力がバランスよく土手に分散してかかり、噛んだ時にずればいように何回か通っていただいて噛み合わせの調整をし、徐々にご自身のお口にあった入れ歯になっていきます。

 

最初は柔らかいものから試していきましょう!

元々使っていたなじんだ入れ歯と同じものをいきなり試してしまうと、ひどい擦り傷をを作ってしまいがちです。

擦り傷が痛むと、その後の試しや調整を中断しなくてはならなくなります。

最初はごく柔らかいものから食べはじめ、ゆっくりと新しい入れ歯に慣れていくようにしましょう。