タバコをやめるとどんないいことがあるの?

Q.喫煙が体に良くないことはわかっているけれど…タバコをやめるとどんな良いことがあるの?

A.歯茎や歯の色など見た目はもちろん、口臭、血流、唾液の緩衝能、、治療の効果、虫歯や歯周病の仕方などタバコを吸う人と吸わないひととでは大きく違ってきます。

喫煙者の65歳以上の平均喪失本数は、非喫煙者の75歳の喪失本数を上回ります。つまり禁煙が口腔内の老化を10年以上早めているのです。

禁煙者には、自分の歯がなくなる覚悟が必要です。

 

影響1:歯周病

歯を支えている骨や歯茎などの組織が炎症を起こすのが、歯周病です。

ひどくなると支える骨がなくなるので歯が抜けてしまいます。

喫煙は唾液の分泌を抑制してしまうため、唾液による自浄作用が減って口の中が不潔になります。すると歯周病の原因となる歯垢や歯石が付きやすくなります。

また、タバコに含まれるニコチンは、歯茎の血管を収縮させ血流の流れを悪くします。酸素や栄養が行き渡らなくなると、歯茎の抵抗力は弱くなり、歯周病が進行します。

非喫煙者が1倍とすると、1日10本未満の方は2.8倍、1日20本では4.7倍、30本以上だと5.9倍歯周病の危険性が上がります。

しかも受動喫煙でも3倍。周りの方にまで影響を与えています。

 

影響2:口臭

喫煙者の口の中は、ニコチンやタールの臭いがします。

また、歯周病が悪化してくると歯周病特有の臭いもしてくるため、どんどん悪臭となっていきます。

影響3:歯茎の変色

喫煙により、歯にタール(発がん物質)が付着し、ニコチンの影響で毛細血管が収縮し歯肉は暗紫色になります。粘膜にタールやメラニン色素を呼び、それを多く沈着させ、歯茎や唇の色は黒ずみます。

非喫煙者と喫煙者の口腔内の様子の写真です。

どちらが喫煙者か、一目瞭然です。

 

影響4:ガン

喫煙者は、口腔や咽頭ガンの発生率が非喫煙者の3倍です。

タバコを吸っていなければ、日本人全体では毎年約9万人がガンにかからなくて済むはずという統計もあります。

 

 

でも禁煙はなかなか難しいものです。

やめる!と強い気持ちを持っていても、依存性がでてしまい吸わないとイライラ、そわそわ…

いつの間にかタバコを吸ってしまっている人も少なくありません。

ちなみにタバコをやめてどのくらいから、どんな効果がではじめるのでしょうか。

 

【1分間からはじまる禁煙の効果!】

1分間…ニコチン(依存をつくる)やタール(発がん物質)に受けたダメージを回復するために、

からだの機能が働きはじめます。

20分間…キューっと収縮していた血管が元に戻り、手足や歯茎の血行がよくなります。

8時間…血液のなかの酸素濃度、血中酸素分圧が正常にもどり、運動能力が改善。

24時間…心臓発作を起こす可能性が低下。血圧の改善がはっきりしてきます。

48時間…嗅覚と味覚が復活しはじめ、食事がおいしく感じられます。

72時間…依存を作り出すタバコの武器、ニコチンが身体から完全抜けます。歯茎の炎症の治りがよくなり、歯周病治療の効果が出やすくなります。

1週間…睡眠のリズムが正常に戻り、熟睡できるようになります。

2週間…身体全体の血流がの流れが改善し、歯周病改善への大きな一歩。お肌に張りツヤが。

4週間…禁煙により脱離症状が軽くなり、禁煙のストレスが減ってきます。

 

禁煙は、ペースも始める時期もきっかけも人それぞれ。

「禁煙してみようかな」と頭をよぎった時に、「そのときできそうなこと」から始めてみましょう。

大切なのは「やってみようかな」という少しの気持ちと、行動にうつす最初の一歩。

たった1分から禁煙達成への道のりははじまるのです。

失敗してもそれは意志の弱さではなく、脱離症状や禁煙ストレスを引き起こすタバコのせいです。

少し進んで戻っても、次にまた進めば問題ありません。

禁煙をしておいしくお食事を食べれる状態になりましょう!