矯正するには歯を抜かないとダメ?

Q.矯正するには歯を抜かないとダメ?


A.お口の状況により異なる。抜かずに並べると、審美的・機能性に問題が残ることも。

矯正治療は、ただ歯を並べるのではなく、お口全体のバランスもみています。

歯が並ぶために顎のスペースがもともと足りていない場合、抜歯しないで矯正するには、それぞれの歯を外側に傾斜させて並べなくてはなりません。

歯は根本の方が細いので、斜めに傾ければ小さいスペースでも収まりやすくなります。

これは一見綺麗に並びますが、歯が外側に出る分、口が閉じにくくなったり、少し出っ歯に見えてしまうこともある他、噛んだ時に斜めになった歯に余分な力がかかるなど、機能的な問題が残ります。

また、スペースの確保にそもそも無理があるために、歯が矯正前の歯並びに戻ろうとしてしまたりして、長期的に安定しません。

 

できるだけ患者さんの要望を尊重しますが、もともとの歯並びの状態によっては、抜歯なしの矯正はおすすめできないことがあります。