学校検診と歯医者での検診の結果がちがうのはなぜ?

Q.学校の検診で「むし歯がある」と言われて歯医者さんでに行ったら「むし歯はない」と言われました。このくいちがい、なぜでしょうか?

 

A.学校での歯科検診診断は、設備上、時間上の制限があるため、確定的な診断となるものではありません。疑わしいところは早期に歯科医院につなぐ役割を担っているのです。

 

学校での歯科健康診断は限られた時間で多くの生徒を診るため、一人につき1分程度しかかけられません。

また設備の関係上、エアーをかけて歯の表面から唾液を取り除いたり、歯を掃除して汚れがない状態でみることもできませんし、レントゲンもとれません。

ではなぜ、学校で検診を行うかというと、疑わしい所見のあるお子さんを歯科医院につなげるためです。

あやしなと思ったら速やかに歯医者さんで精密な検査を行う。そうすることで、その子の抱えるむし歯や歯肉炎、歯並びなどの問題に早期に対応できます。

ただ、もし学校の歯科健康診断で「むし歯がない」と言われても、歯と歯の間など、見えないところにごく小さなむし歯があるかもしれません。

定期的に歯医者さんで検診をうけることは大切になってきます。

学校から歯医者さんに行ってくださいと書類をもらったら、できるだけ速やかに歯医者さんに連絡をして精密な検査を行いましょう!