インフルエンザを歯磨きで予防できるって本当?

最近はインフルエンザが流行っていますが、みなさんはなにか対策はなさっていますか?

外出時のマスク、外出後の手洗いうがい等でしょうか?

誰かがかかってしまえば、家族全員にうつる危険が及んでしまう、ウィルス感染は怖いですよね。ぜひ家族で協力して乗り切りたいところです。

 

そこで皆さんにインフルエンザ予防で知っていただきたいのが、お口の中と感染症の関係性です。

実はお口の中の衛生状態が悪いとインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなります!

歯垢にに含まれる細菌がある物質を作りだし、その物質がウィルスの増殖を助けてしますのです。細菌は歯の表面だけではなく、舌の上や咽頭などの粘膜にも多く存在しますので、毎日の口腔ケアで細菌を減らすことがインフルエンザ予防につながるのです。

 

ある調査によると、介護施設で高齢者に対して歯科衛生士がブラッシングや舌磨きの指導を実施したところ、通常の歯磨きをしていた施設と比べてインフルエンザ発症率が10分の1に減少しました。

口腔内の雑菌に対する抵抗力が低下している傾向にある高齢者や、抵抗力がまだ低くお掃除がうまくできないお子様は特に感染症にかかりやすいので、日頃のお掃除がとても大切になってきます。

 

もちろん日頃の手洗い、うがい、マスク着用や定期的な交換でウィルスを寄せ付けない事や、腸内環境を整えて抵抗力をつけることも大切です。

それと一緒にぜひお口の中のお掃除も頑張っていただきたいです。