歯医者さんは痛くなったときに行けばいい?

痛みのない時から通いましょう! 痛くなければ歯医者さんに行かなくてもいいかなと考える方も多いですが、実は虫歯も歯周病も、その進行具合を痛みで判断することはとても難しいです。 虫歯で痛みが出るのは、歯に穴があいてからしばらくの間だけ。 炎症で神経が死ぬと、悪化していても痛みは消えてしまいます。 また歯周病は痛みもなく進行し、痛むことには手遅れで治療をしても歯を救えないケースも少なくありません。 そうならないために大切なのが、定期的な歯科受診。プロの目でお口の状態をチェックしてもらうことで、虫歯や歯周病の微候が早めに見つかりますし、それを改善するための対策や指導もできます。 痛くなる前から通って、トラブルの芽を事前につめれば安心ですね!