顎が開けにくい、痛みがある、カクカク鳴るなどの症状がある場合、これらを総称して顎関節症と呼びます。

これはいったいどのようにして起こるのでしょうか?

これには、まず顎間接と呼ばれる上顎と下顎の間にある間接の仕組みについて知る必要があります。

上顎の歯列と下顎の歯列は左右の耳の穴の少し下前方の部分で間接を介してつながっています。

gakukansetu.jpg

この顎の間接(顎間接)には関節円板といういわばクッションのような組織が存在し、上下の顎の骨が直接こすれないような仕組みになっています。

口を開けるという動作には、上顎のくぼみに沿って丸い形をした下顎の骨(間接頭)が、このクッションを間に挟んだ形でスムーズに動くことが必要です。

顎が痛く口が開けにくい、口を開けるときにカクッと音がするといった症状の原因には、この関節円板というクッションの障害をはじめ、さまざまな原因が複雑に関係している場合が考えられます。


↑顎関節の動きと筋肉の様子

〇口腔外科

〇親知らずは抜いたほうがいいの?

〇顎関節症の主な原因