抜いた方がいいと勧められる主な理由は下記のとおりです。

1.歯ブラシが届きにくく虫歯になる。

口の中の一番奥(手前から8番目)にあるため、歯ブラシが届きにくく、みがいているつもりでもどうしてもみがき残しが多くなり、虫歯になってしまいます。親知らずにみがき残しがあると、手前の歯まで虫歯にしてしまうことがあります。

2.歯並び、噛み合わせを悪くする

歯並び、噛み合わせを悪くすることがある斜め、或いは横向きに生えてくること(顎の中に埋まっている場合も含む)が多いので、歯並びや噛み合わせが変わってしまう事もあります。

特に、下アゴの親知らずが横向きに生えてくると、前の歯を圧迫するためその力が前歯に集中し、前歯が重なってしまうことがあります。
また下の親知らずが横に飛び出てきたり、他の歯の高さより高く生えてしまったりすると、口を閉じた時、親知らずが上の歯と先に当たったりすることで、顎関節を痛めてしまうことがあります。

3.親知らず自体が炎症の原因となることがある

斜め、或いは横に倒れて生えていると、手前の歯との間に食物がつまることで、歯肉が腫れたり痛んだり、炎症を起こしてしまいます。原因の親知らずを抜かない限りは炎症が繰り返えされます。炎症は時に重症化し、下アゴの激痛、顔面から側頭部にかけて放散痛が生じ食事も仕事も困難になることがあります。入院して治療する事もあります。

親知らずを抜いた方がいいと勧められる主な理由は上記のとおりですが、これらの理由が全くない場合はもちろん抜く必要はないでしょう。しかし残念ながら現在では全く問題のないケースのほうがまれです。
多くの人が親知らずに関して何らかの問題を抱えています。
特に、妊娠中や出産後の子育て中に親知らずの炎症を生じる女性が増えています。女性の方は、注意が必要です。

親しらず.jpg

口腔外科

〇顎関節症

〇顎関節症の主な原因