インプラントってどんなもの?

まずは、インプラントを知ることから始めましょう。

インプラントの構造

インプラントとは、歯ぐきの内側にある顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯を装着することで、天然歯とほぼ同等の状態を回復する最先端の治療法です。

人工歯根が顎の骨と一体化するため、入れ歯やブリッジ のようにぐらぐらと不安定な状態になることはなく、「第2の永久歯」と呼ばれています。

従来の入れ歯やブリッジとは違って、違和感や異物感に悩まされることなく、しっかりと噛める、自然で美しい「歯」を手にいれることができます。

現在国内外で主流のインプラント治療は、「オッセオ・インテグレイッテッド・インプラント」 といい、チタンという金属で作られた人工歯根が使われています。

チタンは生体との親和性が極めて高く、骨と(osseo)直接結合(inntegration)する特性を持っているため、外科などの医療現場でも骨折の固定ボルトなどにも使用されており、安全で金属アレルギーの最も少ない材料として知られています。

●インプラントとその本当の価値をご存知でしょうか?

●インプラント治療の流れ

●骨が少ない方へのインプラント治療