金属アレルギーにおいて、溶出しにくい金属を用いるのはとても重要なことですが、金属を用いない治療を行うことも、賢明な選択の一つといえます。
その場合に用いられる材料の代表格が、セラミック(非金属無機材料)です。
セラミックは、金属アレルギーの原因とならないだけでなく、生体親和性が高く劣化しない材料で、審美性にも優れています。

プラスチック樹脂を用いる治療もありますが、劣化、変色しやすいため、セラミックに比べると、材料としては劣ります。

セラミックについて知りたい方はこちらから→

〇金属アレルギーの全身への影響

〇アレルギーを起こすのは、金属ではなく金属イオン!お口の中はイオン化しやすい環境です!!

〇種類の違う金属の存在は、溶出を進行させます

〇アレルギーの原因となる金属、ならない金属