食いしばりをしているかも。どうやったら改善できますか?

お口を閉じている時は、上下の唇はくっついていても上下の歯は接触していないのが通常の状態ですが、最近上下の歯を無意識に接触させている癖の方が多いです。

これを「TCH(Tooth Contacting Habit)歯列接触癖」と言います。

通常は会話をする時や食事中咀嚼をする時にのみ接触するため、普段は1日20分程度しか接触していないはずなのですが、無意識に長時間接触しているため顔や顎の筋肉が常に使われているので疲れてしまいます。

頭痛や肩こりに繋がりますし、歯が割れたり詰め物が割れてたり外れたりと色々な弊害があります。

マウスピースを作成して、寝る時や集中して何か作業をする時に保護するという手が一般的です。まずは日中無意識に接触する癖を直すためには、目につくところに「歯をはなす」というメモを残しておくことが大切です。

意識して歯を離す習慣をつづけていると、歯を接触させる癖が治っていきます。

 

↓TCHに関する資料