入れ歯が出来上がるまでどんな工程があるの?

かぶせ物は型を取ったらすぐに出来上がってきますが、入れ歯は出来上がりまでに様々な工程があります。

1.  1次印象(型とり):既成トレーでお口の中の型をとります。

2.  2次印象(型とり):1次印象で患者様ひとりひとりに合わせた個人トレーを作成し、個人トレーを使って、お口の中の型を精密にとります。

3.  噛み合わせの確認:2次印象でとった型から作った模型を元にして噛み合わせをチェックします。

4.  試適:仮で並べた入れ歯をお口の中に入れて、噛み合わせの高さや前後の歯の感じ等を確認します。問題なければ最終的な入れ歯を作っていきます。

5.  義歯セット:最終的に出来上がった入れ歯をお口の中にいれて、調整していきます。

 

上記のように、入れ歯の出来上がりまでには様々な工程があります。

今どの工程の段階なのかなど、不明な点はお気軽にお尋ねください。