インプラント治療でかかった費用は、医療費控除の対象となります。税務署で確定申告を行うことによって、税金が戻ってきます。場合によっては治療費用の半分程度が還付されるケースもあります。

インプラントの治療費は高いと思われがちですが、医療費控除を受けられること、そして、快適に「噛む」ことができることをよく考えたうえで、判断されることをお薦めします。

医療費控除とは

自分自身や家族のために医療費を支払った場合には、一定の金額の所得控除を受けることができ、税金が戻ってきます。これを医療費控除といいます。

旅医療費控除の対象となる条件

驪自分自身又は自分と生計をともにする配偶者やその他の親族のために支払った医療費であること。(共働きの夫婦で扶養家族からはずれていても、例えば妻の医療費を夫の医療費と合算できます)

1月1日から12月31日までに支払った医療費の合計であること。
一年間に支払った医療費から保険金などで補てんされる金額を引いた金額が10万円以上であること。(年収によっては10万円以下でも適用されます)

最高で200万円まで。
治療を目的としている場合に限る。

医療費控除の目安

医療費控除を受ける方法

医療費の領収書等を確定申告書に添付し、税務署で確定申告します。
公共交通機関の交通費も控除の対象病院までの交通費も控除の対象となります。
日時・病院名・交通費・理由を合計します。(ガソリン代・駐車場代を除く)
給与所得のある方は、給与所得の源泉徴収票(原本)も提出します。
印鑑、還付金を振り込んでもらう金融機関の口座が必要です。
確定申告は1月1日から12月31日まで1年の分を翌年2月~3月に申告します。

詳しくは、国税庁タックスアンサーのページをご参照ください。