部分的な詰め物

保険適用

●銀(パラジウム合金)

補綴インレー銀.jpg

  • 保険が適用されるため、比較的安価にすませることができます。
  • 金属アレルギーになる可能性があります。
  • 金属の影響により、長年の使用で歯茎が黒ずむことがあります。
  • 虫歯の再発リスクが高く、銀歯の下で再び虫歯になることがあります。

保険適用外

●プレッサブルオールセラミック

  • 変色せず、歯垢がつきにくいです。
  • 天然歯に一番近い自然な色で、み心地も自然です。
  • 金属アレルギーの心配がありません。
  • 極度の衝撃で割れることがあります。

●セレック

  • 変色せず、歯垢がつきにくいです。
  • 金属アレルギーの心配がありません。
  • 噛みしめの強い方、食いしばり、歯ぎしりがある方は、割れる可能性があります。

●ハイブリッドセラミック

  • セラミックにレジン(樹脂)を混ぜ合わせた、中間の性質を持つ材質です。
  • 金属を使わないので、自然な色調になり見た目がきれいです。
  • 純粋なセラミックに比べて唾液の吸収があるため、変色が起きる可能性があります。

●ゴールド

  • 柔軟性があり適合性が高いため、むし歯の再発リスクが低いです。
  • 比較的金属アレルギーになる可能性が低いです。
  • 奥歯の詰め物に最適です。

————————————

《部分的な詰め物 比較表》